高裁

事件番号:平成26年(ネ)第10063号

判決言渡日:平成27年4月14日

トリップ・トラップ事件

キーワード:

著作権法2条2項は「美術の著作物」の例示規定にすぎず例示に係る「美術工芸品」に該当しない応用美術であっても同条1項1号所定の著作物の要件を充たすものについては「美術の著作物」として同法上保護されると解すべき、幼児用椅子、著作権法と意匠法、応用美術に一律に適用すべきものとして高い創作性の有無の判断基準を設定することは相当とはいえず個別具体的に作成者の個性が発揮されているか否かを検討すべきである、応用美術につき意匠法によって保護され得ることを根拠として著作物としての認定を格別厳格にすべき合理的根拠は見出し難い、商品の形態が①客観的に他の同種商品とは異なる顕著な特徴を有しており(特別顕著性)②特定の業者による長期間に及ぶ継続的かつ独占的な使用、強力な宣伝広告等により、需要者において、当該特定の事業者の出所を表示するものとして周知されるに至れば(周知性)、不競法2条1項1号の「商品等の表示」に該当するといえる、著作権法及び意匠法の重複適用

備考:

なし

一覧に戻る