地裁

事件番号:平成3年(ワ)第3682号

判決言渡日:平成9年9月5日

ダリ事件

キーワード:

著作者の権利の暫定譲渡、準拠法をスペイン法とする約定、著作権の時間的一部の譲渡、譲渡人が譲受人に著作権の管理を委ねる目的で行われたとしても委任契約ではなくその目的を達成する手段として著作権を譲渡するという方法を選択、遺言による著作権の帰属、包括受遺者としての地位を有するスペイン国はダリの死亡時におけるダリの作品についての著作権の時間的一部が原告に譲渡された状態の財産を承継したものであり原告は本件契約の効果としてなおダリの作品の著作権の譲受人の地位を有する、著作権法47条、小冊子は、たとえ、観覧者に頒布されるものであっても、紙質・判型、作品の複製態様から見て、複製された作品の観賞用の図書として市場において取引されるものと同様の価値を有する者は、実質的に画集にほかならない

備考:

なし

一覧に戻る