高裁

事件番号:平成7年(ネ)第3529号

判決言渡日:平成10年7月13日

スウィートホーム事件

キーワード:

映画・脚本の著作権者、映画のビデオ化・テレビ放映、二次的利用の承諾、やむを得ないと認められる改変、監督の著作者人格権、伊丹プロ、トリミング

備考:

なし

一覧に戻る